1. ナンパで即できる!やり方・声かけ方法
  2. 出会い系アプリ、サイト
  3. ≫3人に出会えた華の会メールの口コミ評判を解説!中高年専用の優良サイトだった

3人に出会えた華の会メールの口コミ評判を解説!中高年専用の優良サイトだった

華の会

華の会メールって出会える?
バツイチだけど大丈夫かな…

興味はあるけど、騙されやしないかと不安になる気持ちもわかります。

でも、華の会は高確率で出会える優良サービスなので安心してください。

ここでは華の会の特徴やおすすめ機能、利用者の口コミ評判など全てを詳細にまとめました。これから始める方は必見ですよ。

なお、公式サイトチェックしたい方は、以下からご覧ください。※華の会は人気故に偽サイトが出回っているとの噂を耳にしたことがあります。確実に公式ページからご覧ください。

華の会メール公式へ

華の会メールの特徴について

華の会メールには、他の出会い系と違った特徴が3点あります。

  • 女性との出会いを求める30代以上の男性に特化していること
  • 真剣な出会いを求める男性をちゃかすようなサクラ的女性がいないこと
  • 軽いノリの恋愛ではなく、深い部分で大人の恋愛を楽しめること

これらの特徴について順にまとめていきます。

特徴①:女性との出会いを求める30代以降の男性に特化していること

出会い系で女性を探す際、男性が少々奥手になってしまう理由のひとつに自分の年齢が挙げられます。

若ければ若いほど、男性は女性にモテると思われがちです。

正直、年齢を重ねるにつれて、10代後半から20代の頃の自分が持っていたエネルギーと同じだけ行動するには少々億劫になってきます。

行動力はもちろんのこと、見た目も性欲も、あの頃の自分と同じとは言い切れなくなってきます。

こういった年齢的心配が不要なのが、この華の会メールです。

華の会メールに登録されている女性のほとんどは、一般的な出会い系とは違って、30代以降の男性との出会いを求めています。

華の会メールの会員登録は、男女問わず20歳以上(高校生不可)の方となっています。

出会い系は、18歳以上(高校生不可)が多い中で、登録の時点で年齢層を少し上げています。

若い世代の男性からは得ることのできない知識や経験を、男性に求めています。

そして、登録している女性達は、25歳以上の方達です。

この世代の女性は、学生気分が抜けてひとりの社会人、もしくはひとりの主婦として自分の世界を持っている方達ばかりです。

自分の置かれている立場などを十分に分かっている、大人の対応ができる女性達です。

華々しい男女関係ではなく、一歩引いてお互いに落ち着いた大人の男女関係を築くことを希望される男性達に、華の会メールは最適な出会い系と言えます。

特徴②:真剣な出会いを求める男性をちゃかすようなサクラ的女性がいないこと

出会い系で必ず存在するのが、一定数のサクラ的存在の女性です。

こちらが出会いを求めて必死なのをあざ笑うかのように、巧妙な手口で近づいてきます。

最終的には満足のいく出会いにはつながりません。

サクラの存在がトラウマになってしまったデリケートな男性達の数は、非常に多いのです。

その点、華の会メールに登録されている女性達にサクラはいないことを、運営会社が保証しています。

この安心感が、ステキな出会いにつながります。

華の会メールにはサクラが存在しないだけではなく、些細なことでも何か気になることや不安なことがあれば、相談できる窓口があります。

女性との出会いを求める全ての男性に、安心しておすすめできるのが華の会メールです。
とりわけ、出会い系が初めての男性、出会い系に慣れていない男性にとっては非常に魅力的な特徴でしょう。

ひとつ注意したいのが、確かにサクラ的な女性はいませんが、華の会メールとは一切関係のない悪質な風俗などの外部業者がいないとは言い切れないのが現状です。

ここまでのチェック機能は、華の会メールに限らずどの出会い系でも限界があります。

出会いとともに、何かの勧誘などといった怪しいお誘いを受けることもあるようです。

場合によっては危なさも伴うので、費やした時間とお金が無駄になるだけです。

いつまでたっても言葉ばかりで会う約束が叶わない、アプローチの仕方にちょっと疑問符が残るような怪しい女性がいたら、こちらからシャットアウトしましょう。

特徴③:軽いノリの恋愛ではなく、深い部分で大人の恋愛を楽しめること

30代以降ともなると、恋愛に求めるものは20代までと異なってきます。

軽いノリでただ楽しい時間を過ごすだけの恋愛は卒業しているので、次に出会う女性とは心と身体の深い部分でのつながりを重視するものです。

その一瞬に意味がある出会いにつなげたい。

既婚者の男性でも、周囲には秘密の顔があってよいのではないでしょうか。

純粋な恋愛関係を望まれる男性はもちろん、セフレとして割り切ったお付き合いを望まれる男性など、幅広い出会いに特化しているのが華の会メールの特徴です。

公式サイトには、会員の方達から寄せられた華の会メールでの数多くの出会い体験が記載されています。

参考となる体験談が非常に豊富ですので、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

華の会メール公式へ

華の会メールの会員構成について

華の会メールに会員登録をしている女性って、どのような方達なのでしょう。
また、同じ同性として、どのような男性が登録しているのかも気になりますよね。
次に、華の会メールに会員登録をしている方達の男女比や年齢構成、居住地について、華の会公式サイトの情報を中心にまとめていきます。

華の会メール全会員の男女別登録者数比較

華の会メールの登録会員数は、令和元年6月現在、男性が14,695人 女性が4671人です。

パーセンテージで換算すると、男性は66%、女性は34%です。

イメージからして圧倒的に男性が多いのではないかと思われがちですが、そうでもありません。

出会い系を運営している会社は現在多数ありますが、平均してどの会社でも男女比は7:3なので、華の会メールの男女別登録者比較数もほぼ同じ傾向にあります。

華の会メールは現在数多くの女性誌に広告を出していますし、広告つきの宣伝車を走らせることで日に日に存在が知られるようになってきています。

知名度の上昇から、今後ますます会員数(特に女性数)は増加すると思われます。

華の会メール全会員の年齢別比較

次に、華の会メールに登録している全ての方の年齢層を調べました。

30歳未満が7%、30~39歳が18%、40~49歳が22%、50~59歳が30%、60~69歳が13%、70歳以上が10%という結果でした。

男女ともに35歳以上はなんと85%以上とのことです。

全体的に見ても、男女問わず30歳以上から70代の登録者数が多いことからも、30代以降の男女の出会いの場となっています。

華の会メール全会員の居住地比較

次に、華の会メールに登録している全ての方が現在お住まいの地域について調べました。

会員の方が最も多く住まわれている場所は、東京・関東地域で、会員数全体の30%を占めました。

次いで、近畿地域が22%、九州・沖縄地域が14%、中部地域が12%、北海道・東北地域と中国・四国地域が11%となっています。

華の会メールは、各種雑誌への広告掲載だけではなく、その地域限定の情報誌にも広告掲載を行っています。

この情報誌の広告を見たことがきっかけで、その地域の会員登録者数が増えてきている傾向にあります。

これらの結果から、華の会メールについて言えることは、

  • 会員の男女比は7:3
  • 35歳以上の会員は男女共通で全体の85%
  • 全国各地での出会いが可能

であることが分かります。

僕は、華の会メールに登録して痛感したことがあります。

30代以降の男性女性は、人間的にも社会的にもある程度の知識や経験を重ねてきた世代だということです。

例えば、仕事が忙しくて気がつけば出会いのないまま年齢を重ねてしまった方や、出会いはあって実際に結婚したけれど離婚した方、結婚したけれど家庭に満足できない方、家庭を大事にしつつも非日常的な時間を過ごしたい方、長年連れ添った妻と死別された方など、登録している方それぞれに様々な背景を抱えています。

こういった方達が求める出会いとは、10~20代の若い世代が求める出会いとは違います。

行動のひとつひとつに責任を伴う世代を、共に過ごす存在を探す場でもあると思います。

よって、僕が考える華の会メールとは、若い世代の出会いの場である「出会い系サイト」的な存在ではなく、大人の世代の出会いの場である「恋愛結婚サイト」的な存在かと思っています。

だからといって、華の会メールでは無理に最初から恋愛や結婚を意識して過ごさなくても大丈夫です。

華の会メールは楽天リサーチ調べの中高年が選ぶ出会い応援サイトの中で人気№1を獲得した実績があります。

まずは、趣味を通じた出会いや、お茶友達を探す出会いでも全然かまいません。

気負うことなく、肩の力を抜いて、華の会メールで出会いの場を探してみてはいかがでしょうか。

僕達はもう、自分からガツガツ行く出会いは必要としない世代です。

飾らない自分で勝負するのも、実は大事なことです。

華の会メールでかかる費用について

出会い系へ登録をお考えの男性が最初に考えるのは、費用がどれくらいかかるかということではないでしょうか。

次に、華の会メールに入会することで生じる費用についてまとめます。

華の会メールでは、1ポイント=10円で料金が発生します。

まずは、男性は新規会員登録が完了した時点で1,500円の無料体験が発生しますので、150ポイントは自由に使えることになります。

  • 掲示板に投稿…10ポイント(1日1回までは無料)/100円
  • 女性の掲示版を見る…2ポイント/20円
  • 女性のプロフィールを見る…2ポイント(初回閲覧から60日間は無料)/20円
  • 女性の画像を見る…6ポイント/60円
  • 女性へメールを送る…10ポイント/100円
  • 女性からのメールを見る…2ポイント(すでに開封済のメールを見る場合は無料)/20円
  • 送信メールの既読チェック…25ポイント/250円
  • 足跡履歴の削除…2ポイント/20円
  • ピックアップ枠への掲載…30日間あたり10ポイント/100円

女性からのメール受信と、ご自分のプロフィール変更はいつでも無料で行えます。

支払方法は、銀行振込・クレジットカード・コンビニ決済・Yahoo!ウォレット・楽天Edy・華の会メールプリペイドカードの合計5パターンから選択可能です。

公式サイトによりますと、華の会アフィリエイトが近日リリース予定とのことです。

具体的な内容はまだ掲載されていませんが、一律4,000円で驚くほど高い承認率を得ることができるそうです。

詳細についての発表が待たれるところであります。

どの出会い系でも、通常女性会員は費用がかかりません。

その分男性会員に費用が発生するのですが、数々の出会い系を利用してきた僕が思うに、華の会メールの男性会員が負担する費用は、比較的良心的かと思われます。

強いて言えば、女性へメールを送るのに、1通につき10ポイント/100円が生じるのは、通常1通50~70円で送信可能な他の出会い系と比較して少々高い印象ではありますが、トータルで判断すると他の出会い系よりもリーズナブルな料金体系となっています。

費用の心配をそんなにしなくてもいいと思うと、その分のお金を女性とのデートに使うことができます。

すでに支払われた料金や購入したポイントに対して返金義務は行っていないので、ご注意ください。

華の会メールの安全な登録方法について

華の会メールに登録するには、公式サイトからのアクセスが必要です。
男性なら、自分の個人情報が外部に漏れないかと不安になるものではないでしょうか。
これから紹介していきますが、華の会に登録するにはご自分の携帯番号やメールアドレス、身分証明書などの画像送信が求められます。
ここから家族や職場に知られてしまわないか、しつこい不審な電話着信の数々に悩まされないかと誰もが不安になるものです。
とりわけ、既婚者が登録する場合、シークレットな関係を築く上で足かせになるような結果は絶対に避けたいものです。

華の会メールへの登録は、こういった心配は一切ありません。

それでも不安だという慎重派の男性も多いでしょう。
僕自身が登録にあたって心配で仕方なかったので、お気持ちは分かります。
でも、僕は登録から今現在まで、こういったトラブルは一切なく過ごしています。

次に、華の会メールの登録方法を紹介しつつ、華の会メールがどれだけ安全かについてまとめていきます。

公式サイトから、男性無料登録へと進みます。
11個の空欄に、自分に当てはまることを入力していくだけです。
公開と表示されているものは、他の会員が閲覧できる内容です。
非公開と表示されているものは、他の会員は閲覧できない内容です。

1 ニックネーム(公開):女性が呼びやすい、親しみやすい愛称を入力しましょう
2 携帯番号(非公開):あなたの携帯電話番号が、そのまま会員番号になります。
今後、華の会メールにログインする際に必要な番号でもありますが、自分の携帯電話の番号であれば覚えやすいでしょう。
3 メールアドレス(非公開):登録の際に、hana-mail.jpをドメイン指定しておく必要があります。
もしドメイン指定がうまくいかない場合は、docomo、au、SoftBank、Y!mobile別に設定方法が案内されますし、どうしても受信できない場合はサポートセンター(0120‐250‐222、10:00~22:00)に問い合わせると専任のスタッフにサポートしてもらえます。
4 パスワード(非公開):あなたが忘れない4桁の半角数字を入力しましょう。
今後華の会メールにログインする際に必要な数字でもあります。
5 生年月日(非公開):昭和12年生から平成元年生まで対応しています。
6 地域(公開):都道府県別に、あなたのお住まいの地域を入力しましょう。
7 スタイル(公開):スリム、やや細身、普通、筋肉質、やや太め、太めからあなたのスタイルが選択可能です。
答えたくない場合、「秘密」という選択肢もあります。
8 身長(公開):149cm未満から186㎝以上まで、5㎝単位で選択可能です。
9 血液型(公開):A型、B型、AB型、O型、不明から選択可能です。
10 掲示板タイトル(公開):全角30文字以内で、掲示板のタイトルを入力します。
11 掲示版内容(公開):全角500文字以内で掲示板の内容を入力します。

画面が切り替わらない、登録手続きがよく分からないなど、うまく登録できない場合は0120‐17‐0874へ電話すると専任のスタッフが登録作業を代行してくれます。

次に、華の会メールがどれだけ安全かについてまとめます。

登録の際に非公開となっている項目は、個人情報に直結する内容のものが多いです。
例えば、携帯番号を登録することで、何か不審な電話が来ないかと心配になる方も多いはずです。
その点は一切心配はいらないことが、公式サイトにしっかりと明記されています。
華の会メールの公式サイトは、個人情報の利用、開示、提供とこれらに係わる事前同意に関する原則を普及させることを目的としたTRUSTeプライバシー・プログラムの認証を受けています。
携帯番号の登録が必要な理由は二重登録防止のためだけであって、個人を特定するものではありません。
実際、携帯番号の入力が必須の出会い系は、華の会メール以外にも数多くあります。
携帯番号は人それぞれ番号が違うので、二重登録防止の観点からは有効です。
メールアドレスは、Yahoo!メールアドレスやGmailといったフリーアドレスからの登録も可能です。
個人情報は保護されていますが、それでも心配な方は、こういった捨てアド的なアドレスを使って登録してみてはいかがでしょうか。

華の会メールの年齢認証方法について

華の会メールに限らず、ほぼ全ての出会い系に登録するには、年齢確認を求められます。

理由は、18歳未満の児童(高校生を含む)の利用を防ぐためです。

次に、華の会メールで行われる年齢確認の方法についてまとめます。

華の会メールに登録する際は、年齢確認のために、年齢と生年月日が確認できる証明書が必要です。

証明書とは、運転免許証、健康保険証、年金手帳、住民基本台帳カード、パスポートなどといった公的機関発行の証明書に限ります。

華の会メールで行われている年齢確認の方法は、2種類あります。

ひとつは、デジタルカメラもしくは携帯カメラで身分証明書を撮影して、画像データを華の会メールのお客様サポートセンターに送信する方法です。

もうひとつは、あなたの電話番号を記入した証明書のコピーを、指定された華の会メールの番号までFAXする方法です。

いずれも会員登録後に手続きを行います。

提出された書類の画像やFAXは返却されませんが、年齢確認後に即時破棄することが公式サイトに明記されています。

華の会メールの公式サイト上では、対象年齢が30~75歳と明記されており、30歳未満の方のご利用はご遠慮願いますとの断り書きがあります。

18歳未満の児童(高校生を含む)が含まれていないかチェックする場でもありますが、30歳未満の方が含まれていないかをもチェックする場でもあります。

さすがに18歳未満の児童を30歳以上とは間違わないとは思いますが、一応記しておきます。

華の会メールの注目すべき便利な機能について

華の会メールには、非常に便利な独自機能があります。

これらの機能を有効に使うことで、女性との距離がよりいっそう近くなります。

次に、華の会メールで利用可能なこの独自機能についてまとめます。

足跡機能

男性のプロフィールを閲覧した女性が誰かが、瞬時に分かるようになっています。

プロフィールを閲覧するということは、相手に興味があることの証でしょう。

これは女性側にも言えることであって、女性側はどの男性が自分のプロフィールを閲覧したかが瞬時に分かるようにもなっています。

数多くの男性会員から一歩リードするためにも、気になるプロフィールの女性を見つけたら、積極的に足跡を残していきましょう。

逆に、特定の個人のプロフィールへ残した足跡機能を削除したい場合、男性は2ポイント(20円)かかりますが削除可能です。

掲示板

特定の女性だけにではなく、広い女性会員に向け自分をアピールができるのが華の会メールの掲示板です。

自分宛てに掲示板で女性から何か問い合わせがあった場合、返答することもできます。

男性は1日1回まで無料で投稿できますが、2回目以降は1回の投稿につき10ポイント(100円)かかります。

掲示版から出会いが広がる方も数多くいらっしゃいますいので、利用しない手はないでしょう。

メール既読チェック

気になる女性がいたとして、心を込めて文章を考えて送信したはずのメールが、いつまでも未読のままでは悲しいものです。

華の会メールのメール既読チェックは、自分が送ったメールが既読になったかどうかを確認できます。

1回につき25ポイント(250円)かかりますが、ステキな女性が目の前に現れたならば逃したくはないところです。

8華の会メールの運営会社の信用・信頼度について

2015年にスタートした華の会メールは、多くのユーザーの支持を得て今年で4年目に入ります。

母体となる華の会グループは、創業21年という長い実績を持っています。

グループには、30代以降の男性女性の出会いをプロデュースする華の会ツーショットダイヤルや、中年世代の結婚や再婚を応援する華の会Bridalなども含まれており、長い創業実績で培われたノウハウが余すところなく反映されています。

華の会メール自体は総務省第二種電気通信事業に届出をしており、公安委員会によるインターネット異性紹介事業届出の認定を受けています。

他にも、華の会メールは世界で利用されている個人情報保護・認証規格であるTRUSTe、SSL暗号化技術を生かしたグロバルサイン認証サイト、安心してWebサイトを利用できるSiteLockSECUREでセキュリティーはしっかりと保証されています。

また、問い合わせにはフリーダイヤルで専任のスタッフが対応することが明記されていること、インターネットの華の会メールに関しての口コミではあまりにも過度な悪評が見当たらないことから、信用・信頼度は非常に高いと思われます。

僕個人的にも、登録してから3年が経過しましたが、今まで何かトラブルに巻き込まれた、嫌な思いをしたことは一度もありません。

華の会メール以外におすすめの出会い系サイト・アプリについて

僕は、華の会メールで理想としていた女性と出会い、その後順調な交際を続けています。

僕の理想の女性は、30代後半で公私ともに自立していてしっかりした方でした。

会員登録をした時点で僕は39歳でしたので、若い女性よりは落ち着いた大人の女性との出会いを希望していました。

公私ともに自立していてしっかりした女性であれば、自分より年上の女性も大歓迎でした。
僕の若い頃は、出会う女性は若ければ若いほど嬉しいものでした。

華の会メールに登録した頃の僕は、遊び相手探しや恋活をする年齢からはすでに卒業していたのもあります。

僕自身は、今まで登録してきた出会い系の中でいちばん自分に合っていたのが華の会メールでした。

しかし、大人の出会いに特化した華の会メールなので、ご自分自身が10~20代の方や、10~20代といった若い女性との出会いを求める方、遊び相手や恋活をしたい方にはちょっと窮屈な出会い系とも言えます。

そういった出会いを求める方は華の会メールではなく、最初から他の出会い系に登録したほうが女性との出会い率が一気に高まります。

例えば、セックスを前提としたちょっとした遊び相手が欲しい方ならば、PCMAXワクワクメール、Jメール。

彼女がほしい方ならば、ハッピーメールやYYC、ラブサーチ。

婚活目的での出会いが欲しい方ならば、マッチドットコムやマリッシュ、withなどがおすすめです。

いずれも、僕自身や友人が利用して満足度が高かった出会い系です。

実際にこれらの出会い系で、求めていた理想の女性と出会うことができました。

シェアをお願いします。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。