1. ナンパで即できる!やり方・声かけ方法
  2. 出会い系アプリ、サイト
  3. ≫出会い系の最強おすすめランキング!2019年に出会えたサイト・アプリ

出会い系の最強おすすめランキング!2019年に出会えたサイト・アプリ

出会い系サイトで見知らぬ女性とのセックスを望むすべての男性たちへ、ようこそわがサイトへ。

出会い系

即マン・即エッチを望む男性たちに朗報を伝えたい。いきなり下品な言葉を使って申し訳ない。だが、あなたを不快にさせるつもりはない。男なら誰でも素敵で可愛い女性と新たな出会いを望み、あわよくば一夜だけでも肉体関係を熱望するものだ。それを隠す必要ない。

出会い系でセックス

私は都内で一人暮らしをしている 30 代の男性。年収300万程度のどこにでもいそうな普通のサラリーマンだ。世間的にはまじめがとりえの平凡な男性だ。だが、男の幸せは、どれだけいい女をどれだけたくさん抱けたかだと思っている。どんなにいい大学を出ていい会社に勤めようが、社会的地位が高くてお金持ちだろうが、いい女が抱けないなら意味がないと思っている。

いい女を抱く

年収1000万円の“お金持ち”より、年収300万円の“女持ち”が勝ちだと思っている。女性に縁のない人生がどれほどふつう男性の心を深く傷つけるかを自身の過去の経験でよく知っている。実は、こんな平凡な私だが、この 1年で出会い系アプリを通じて出会って、実際にデートした女性は 50人を超える。出会い系アプリを知る前は、まったく女性に縁がなかったのだが、人生逆転を演じることができた。

出会い系で即マン

くだらない自己満足だと思えば、笑えばいい。だが、自分は、負け組から勝ち組に這い上がったという自負がある。この人生大逆転のノウハウを一人占めしても仕方ない。せっかく縁あってこんなページにたどり着いてくれた読者のみんなには、是非とも幸せになって欲しい。だから特別に必勝法をお伝えしたい。

出会い系アプリでセックス

ちょっとしたコツは必要だが、いい大学に入ってモテようとしたり、職場で出世して女の子の注目を浴びるような大変な努力は不要だ。即効性が高くて日本語が読めれば誰でも実践可能なノウハウをお教えする。

今回の記事では、私が経験的にお勧めした出会い系アプリ・サイトを紹介するが、その評価の基準を一つに絞らせてもらった。

それは、「実際に女の子とデートできた回数」だ。

可愛い女とデート

中にはせっかく出会い系サイトを使うんだから、セックスできなければ成功と言えないという男性も多いだろう。その意見には私も同意する。しかし、男性が出会い系サイトを使う理由は様々だ。しかし、判断をくだす以上、明確な基準を設けなければならない。

出会い系でハメ撮り

セックスを基準とすると、キスまでのノーカウントなので、挿入だけ拒まれたりと、実際の出会いには想定外のケースがあるものだ。また、「飲みに行けた女性の数」を指標してもいいのだが、当然、お酒が飲めない女の子もいるし、18歳、19歳の女性だと居酒屋に連れていけない。

マッチングアプリでセックス

一度だけセックスするにしろ、飲み友達を探すにしろ、初回のデートがなければ、その先はありえない。出会い系サイトの目的(ゴール)は、デートではないが、明確な評価の基準にさせてもらうことにする。

よってこれから紹介するサイトやアプリは、当然に結婚相手とか彼女探しいった真面目で真剣な出会いというよりも、まずは会って盛り上がろう!的なゆるい感じの出会いにおすすめのものばかりである。もちろん、その先に何を望むかはあなた次第だ・・・

それじゃあ、詳しい説明に入る前に、「てっとり早く出会えるサイトだけ教えてくれ」というせっかちな方のために、私が出会えたサイトベスト5だけさらっと紹介しておく。

出会い系 特徴 出会うまでの
金額目安
ワクワクメール 会員数750万人
女性人気が高い
15年以上続く老舗
男性:3500円
女性:無料
Jメール 会員数600万人
即やれる相手に出会える
アブノーマルの出会いが多
男性:3500円
女性:無料
ハッピーメール 会員数1000万人以上
業界最大級の出会い系
元県知事も御用達
男性:3500円
女性:無料
PCMAX 会員数1000万人以上
国内最大級の出会い系
サクラがゼロで安全
男性:3500円
女性:無料
YYC 会員数1000万人以上
大企業運営で安全安心
男性:4000円
女性:無料

なんでこの5つがそんなに優れているのかは下で詳しく説明しているから時間がある人は読んでみてくれ。

目次

出会い系サイト・アプリの真実

そもそもの話。どんな出会い系で女の子とセックスできると思っている人が多い。まあ、出会い系サイトという名前なのでから、そう思ってしまうのは無理もないが・・・

あなたがもしそう思っているなら、以下のことは肝に銘じて欲しい。

出会い系サイト・アプリの98%は、セックスできないどころか、女の子と会うことすらできない。

どういうことかと言うと、それだけ悪徳業者が多いということ。特に無料の出会い系サイトでは、いつの間にか、勝手に悪徳サイトに代理登録をされて、個人情報を抜かれてしまったり、金銭を要求される被害が後を絶たない。

残念ながら、多くのまじめな男性が、この類の詐欺悪質サイトに騙されて、出会い系サイトを毛嫌いしていまう。なんと残念なことだ!

だが、悲観することはない。とにかく自分は理想のビッチとセックスしたいと思っているなら、落ち着いてこのまま続きを読み進めて欲しい。

98%詐欺逆という言うことは、逆に言えば、2%の出会い系サイトは実際に出会えるし、ヤレるわけだ。つまり安易に出会い系サイトを選ばずに、優良で健全なサイトを知ってさえいれば、恐れる必要はない。むしろ、正しいサイトを選んで、いい思いができるようになれば、98%の詐欺サイトは、ライバルの男性を蹴落としてくれるありがたい存在とも言える。(もちろん、私だって詐欺サイトは憎んでいるが)

私はいつもで実践主義者だ。伝聞や評判だけでなく、実際に自分が使ったサイトやアプリを次の章で紹介する。

出会い系で確実にセックスできるサイト・アプリの選び方

もちろん、私が確実にセックスできるサイトやアプリをお教えするので、皆は迷わず試すだけでいいのだが、健全なサイトを選ぶ3つのポイントをお伝えしておく。

優良アプリは、今後も新しいものがどんどん登場するはずなので、皆が出会い系サイトやアプリで楽しめるようになり、私の庇護から離れたあとも独り立ちできるように覚えておいて欲しい。

  • サイト・アプリ運営歴が10年以上
  • 会員登録数が300万人以上
  • 女性向け雑誌に広告が掲載(優良サイトは女性会員集客のために広告出稿している)

この条件を満たした優良な出会い系サイトやアプリのうちから、厳選して出会えるものを紹介する。

その数1,000を超えると言われる出会い系ツールのほとんどが詐欺やサクラと言われる中で、どれが正しい選択なのかは、以下にランキング形式の比較表にまとめている。

なお、聞きかじった情報は一切のせていない。私が実際に登録をして試したものしか紹介しない。もちろん、実際に出会えたし、迷惑メールが来ることもないホワイトなサイトしか紹介しないのでご安心を。私は慎重な性格なので、いまだメールボックスはきれいなままだ。

個人情報の取り扱いに慎重な時代になったものの、きちんと届け出していない悪徳業者にはそんなの関係ない。だから、厳正に取り扱ってくれている運営会社だけを選ぶべきだ。もちろん、時間は限られているので、複数の出会い系サイトを使っていても、いつかは使わなくなるサイトも出てくるだろう。もし使わなくなれば、そのまま籍だけ残すのも退会するのも自由だ。出会い系サイトはフットワークが軽い男性が成功しやすい。まずは気軽に登録をしてみるといいだろう。

まあ、長く出会い系サイトやアプリを使っていれば、必ずメインに使うお気に入りのサイトは決まってくる。ここの個人の好み問題だ。どこを気に入れとあなたに指図するともりはない。あくまで、私がデートできた数の順にお勧めのものを紹介する。初対面の男女があったその日エッチする。そんな非日常を知ってしまったら、あなたはもう出会い系サイトの虜になるだろう。

私が出会えた出会い系サイト・アプリの比較

素人女性とセックスが楽しめる出会い系サイト・アプリを5つまで紹介する。判断の基準は私がデートできた数だが、当然、デートできるサイトは即エッチの数も多くなる。どれを選ぶかは皆の自由だが、ランキングの上位5つのうちどれかは登録しておくべきだ。この5つのどれかがあなたのメインになるはずだから。

以下では、デートできた回数もセックスできた回数もランキング1位であるワクワクの愛称でも知られるワクワクメールから説明していく。過去の私のデータを分析をしたところ、セックスできた数の順番とデートできた数の順番のどちらもほぼ同じ順番だった。

もちろん、個人の相性や狙っているターゲット層の違いより、どれが出会いやすいかは違ってくると思うが、それにしてもワクワクメールは断トツに素晴らしいということは付け加えておきたい。

皆の判断の材料にして欲しい。

1位:ワクワクメール「女子人気が高い」

ワクワクメールの公式ページの画像を見れば分かる通り、アダルト色を抑えているのが分かるだろう。ふつうの女性を集客したい運営会社の思惑が見て取れる。まじめな女子大生やOLでも登録しやすいので、女子人気が高く満足度も高い。

首都圏や大阪、名古屋、広島、福岡など、大都市の繁華街に住んでいる男性は、登録しておいた方がいいサイトだ。なぜなら、大都市では、ワクワクメールの大型看板が目につく。急に暇になった女の子が即出会える男性を探しているケースが多い。やはり、出会い系サイトの知名度と登録女性の質は比例する。そこが男性にも人気の秘訣だと思う。

サクラがいなく、素人女性の割合が高いので、安心して利用して欲しい。サイト内パトロールにより、悪質な業者の排除にも余念がない。

ワクワクメール

2位:Jメール「変態性癖さんも大歓迎」

Jメールは、私が出会い系四天王と名付けるサイト・アプリの中では知名度が劣る。特に関東地方で弱さを感じる。

では、なぜ2位とかなり重宝しているというと、変態プレイやアブノーマルな要求を満たしてくれる女性が多いところだ。出会い系サイトで多くの女性と遊ぶうちに普通のプレイでは満足できなくなる。アナル舐めや即尺は当然として、スカトロ系などにもOKな女の子を探すとなると苦労する。そんな時に出会ったのが、Jメールだ。JメールでアブノーマルOKな女の子が多いと気付いてからは、しばらく使い倒したので、デート数が増えて2位にランキングしたのだろう。

別に風俗店ではないので、アブノーマルなプレイOKだからといって女性の容姿が劣るわけではない。正式な名称はミントC!Jメールなのだが、Jメールと簡略して呼ぶ人が多い。もちろん、ミントC!Jメールは万人向けのサイトではないのだが、可愛い女の子とアブノーマルプレイを楽しみたい諸君は、ミントCJメールで彼氏彼女、セフレは作れる?登録し使ってみて徹底解説するを読んで欲しい。料金体系やお得に使う方法など必要な情報を網羅している。

Jメール

3位:ハッピーメール「セックスしたい人におすすめ」

ハッピーメールの知名度の高さは群を抜いている。私の周りでもはじめて登録したサイトがハッピーメールと振り返る男性が多い。「ハッピーメールで童貞を捨てた」という中年男性も多い。上位2つのサイトと同じポイント制なので、賢く使うことで出費を最低限に抑えることも可能だ。しかし、判断ミスで出会えない女の子につぎ込むと不要な出費をしてしまう。ただ、それなりのお金を払ってでも「絶対に可愛い女の子と即日エッチしたい」男性には、使い勝手のいいアプリだが、良くも悪くもオーソドックスなのがハッピーメールの特徴だ。

メリット
セックスできる可能性が高い(アダルトOK)
出会い系サイト初心者でも成功しやすい

デメリット
人気が高い分、悪徳業者も多少いる
既婚者との恋愛は、旦那バレに用心が必要
可愛い女の子が多いので、ついついポイントを消費して
しまう(女性は完全無料)

ハッピーメールおすすめポイント:定期的なセックス相手を見つけやすい

ハッピーメールは、メッセージのやり取りなどに応じて課金が必要なポイント制なので、メールのやり取りにお金がかかる。だったら、定額制の出会い系サイトがいいと思うかもしれないが、定額制の出会い系サイトはツールなどを利用して、無差別にメールを送る輩も多いので、男性からのメールが埋もれがちになるので注意が必要だ。男性からの膨大なメッセージの数にゲンナリして早々に退会する女性が多い。そのためポイント制の方が、会いやすいのだ。ただ、出費を抑えるためには、連絡先の交換を手早く済ます必要がある。これはワクワクメールやJメールと同じで、新規登録でもらえる無料のお試しポイントを有効に使ってみよう。初回登録時に1200円分のポイントが付与されるので、ハッピーメールと自分との相性を試すことができるだろう。

アダルト機能が使えるのはアプリ版ではなくWEB版だけなので注意してほしい。もちろん、ハッピーメールは利用者が多いので、口コミや体験談も豊富だ。ハッピーメールは出会い系サイト利用者が一度は登録するサイトなので、興味を持ったら口コミも見て欲しい(絶賛準備中だ)。なお、そのサイトを知るには実際に使った人のものを参考にするのが一番だ。エロ雑誌とかの太鼓持ち広告の記事などに惑わさずにリアルな声を拾ってほしい。

ハッピーメールは知名度も高いので、名前を似せた偽の詐欺サイトも存在する。以下のボタンからハッピーメールの公式サイトを確実にアクセスしてほしい。

ハッピーメール

4位:PCMAX「今すぐセックスするならこれ」

私が出会い系四天王と密かに名付けるヤレるサイト・アプリの定番が、既に紹介したハッピーメール、ワクワクメール、ミントcjメール、そしてこのPCMAXの4つだ。中でも、成功率が高く最近よく出会えてきたと感じているのがPCMAXだ。優良出会い系サイトは、女性の集客を増やすためアダルト色を抑えたもの主流だが、PCMAXは若干アダルト色が強い。そのためSEX目的の男女のアクティブユーザーで賑わっている。その集客力の理由は、積極的な広告量だ。「今すぐ会いたい」という女性があなたを待っている。刹那的な一夜限りのセックスを求めるのか長期的なセフレを求めるのか迷うところだが、どちらのタイプの女性も多い。PCMAXを一度試したら、風俗に行くのや援助交際をするのが馬鹿らしくなるだろう。

メリット
軽いギャルが多く即エッチ率が高い
セフレを作りやすい
人妻狙いもイケる

デメリット
あまり思い浮かばない
(女性は完全無料)

PCMAXおすすめポイント:若い女性が多いヤリモクに強い

PCMAXは、運営会社の広告手法がアダルト色と、普通の出会いを絶妙に使い分けている。そのため、ウブな処女とヤレたから思えば、体目当てのエロい女性をセフレにできたりと多目的だ。ただ、まじめな出会いを求めるには不向きなサイトだ。結婚や交際が目当てな男女は少ない。年齢層の幅も広く、下は18歳から、上は年金生活者まで多様な属性の男女にマッチングに寄与してくれる。プロフィール検索機能をうまく使うのがコツで、年齢や住まいはもちろん、職業(ナース、保母さん、看護婦、モデル、風俗嬢など)やエッチ経験度(処女からSEX依存症まで)などから狙いの女性をしっかり探せる。個人的には無職やフリーターはセックスしやすい。ファミレスでごちそうすれば、喜んで遊んでくれるだろう。

出会い系サイトのよくある質問に「アプリ版とWEB版のどちらがいいの?」というものがある。PCMAXだけでなく、たいていの出会い系サイトには、アプリ版とWEB版の両方がある。アプリ版の方が今風な感じがするので、選択する男性も多い。しかし、注意して欲しいのが、アプリ版は、審査の関係でアダルト機能の制限がある。なので、ヤリモク男性に致命的な欠点になる。よって、特別な事情がない限り、WEB版での登録をお勧めする。これは意外と盲点なので、覚えておいて欲しい。

PCMAXの魅力を知るためには、実際の利用者の声を聞くのが一番だ。PCMAXに少しでも興味を持った方はこちらの記事を参考にして欲しい→(準備中)口コミや体験談は出会い系サイトの初心者に役立つ情報が満載だ。見逃さないでくれ。

もちろん、口コミや体験談も勉強になるが、自分で実際に利用してみるのが、いちばんの学びになる。今なら新規登録の男性は無料でお試しポイントがもらえるので、以下の赤いボタンから無料登録してみよう。ニックネームでの登録が可能で、住所を教える必要もない。

PCMAX

5位:YYCワイワイシー「若い男女に人気の優良出会い系」

YYCは、もともとはlivedoorが立ち上げた出会い系サイトだが、紆余曲折あり、現在はmixiに管理が移行している。mixiが管理しているということで、グレーなイメージが強い出会い系サイトの中でもクリーンなイメージが強いのがYYCの強みだ。そして、ハッピーメールなどの同じく歴史のあるサイトと違うのは、イイネ、タイプ、ウインクという3つのアクションが使えたり、SNSでの出会いに抵抗のない若い世代の取り込みに成功している点だ。すごく健全な印象を受けるだろう。かと思えば、「カップ検索」といった女の子のバストを検索できる機能は非常にユニークだ。おっぱいにこだわりのある男性には嬉しい機能だ。暇つぶしに使っている女性も多いので、PCMAXやハッピーメールでは会えない層の女の子と会える確率が高いのもメリットだ。

メリット
スレてない素人女性が多いので、真面目な出会いも期待できる
SNS世代の若い女の子と出会える

デメリット
業者が多少目立つ
SNSに不慣れな中高年には不利

YYCおすすめポイント:ゆるい出会いが魅力のイト

YYCは、ハッピーメールやワクワクメール、PCMAX、Jメールと同じように歴史のある信頼性の高い出会い系サイトだが、「即ヤリ!」という感じではない。運営会社が大手なので、安心して登録をする女の子が多い。そのため、よく言えば、ふつうの素人と会える。わるく言えば、面倒が多い。ハッピーメールなんかだとセックスまでの距離が短いが、YYCだと、せっかくデートまでたどり着いても、「そんなつもりじゃなかった。」とホテルの誘いを断られることも多かった。ただ、こういった女の子との出会いを楽しいと思える男性にはお勧めかもしれない。また、SNSを使い慣れている男性には、使い勝手がいいのかもしれない。

デートまでこぎつける件数が多かったので、5位にランクインしたが、セックスまでの距離で考えるとあまりお勧めできない。また、プレミアムオプションというプランを選択すれば、通常ユーザーより先に新人検索が可能になるリアルタイム新人検索や検索結果画面で、上部に表示され注目を集めることができるYYC優良会員プッシュなどの豊富な機能を使えるので、ライバルに差をつけることができる。あと、相手女性のメール返信率が表示されるのも、地味に役立つ機能だ。SNSの使い方に不慣れだと攻略の難易度が上がるが、逆にそういった遊びの部分が楽しめる男性は、強みになるのでお勧めしたい。

効率のいい使い方「ピックアップの活用」

YYCは、初回登録(50P)+年齢確認(300P)と新規登録での無料ポイントが350ポイント(1ポイント=1円相当)とっちょっと寂しい。(ハッピーメールは1,200円分のポイントだ)しかし、YYCのお得な点として「今日のピックアップ」を紹介したい。

「今日のピックアップ」とは、毎日3人の女性がピックアップされ、彼女たちのプロフィール閲覧と、1通目のメール送信が無料になる。

メール送信1通50ポイント、プロフィール検索10ポイント

これが、3人分なので、

60円 × 3人 =180円

毎日180円分が無料になる。1カ月で考えると、

180円 × 30日 = 5,400円

これほどの課金が節約できるのだ。

この機能を使って、私も手当たり次第にメッセージを送って、賢くたくさんのデートに繋げることができた。この機能を使っても出会いがうまくいかないとい場合だと、定額制のタップルやペアーズなどを使うのがよいだろう。

なお、YYCに興味が持った方は、YYC独特の使い方を次の記事(準備中)を読んで学んでほしい。

ワイワイシーで出会うための独特の機能も余すところなく解説しているから、ワイワイシーに登録する前にチェックして欲しい。

YYC

6位:イククル「イケメン・美女が多い優良出会い系」

出会い系のイククルはひと昔前に小森純がモデルをしていたことで知りっている男性も多いだろう。PCMAXやワクワクメール、ハッピーメールに比べると知名度は落ちるが、老舗の優良サイトの一つだ。業者とサクラだらけという人もいるが、サクラは間違いなく雇っていない。サクラと思われる女性は、キャッシュバッカーだろう。「イククルは、キャッシュバッカーが多いが、会える」というのが出会い系サイトの事情通が一様に口にするコメントだが、業者やキャッシュバッカーは見分け方は簡単だ。まず、業者は問題外だ。すぐ見分けがつく。会う前に必ず金銭交渉をしようとしたり、個人情報を執拗に聞き出そうとする。問題は、キャッシュバッカーだ。キャッシュバッカーとは、女の子のお小遣い稼ぎの一つで、女性会員はアプリ内でやり取りをすればするほどポイントが貯まるので、写メが芸能人やモデル並み・返信の内容が思わせぶり・それでいてLINE IDをなかなか交換してくれないような女の子はキャッシュバッカーを疑った方がいい。しかし、素人女性との見分けは意外とむつかしい。なぜなら、素人女性でも、超絶美女もいれば、思わせぶりな女性もいる。また、連絡先の交換を躊躇するウブな女の子は多くいる。困ったことに、猛毒と良薬が似ているのだ。ただ、ふだん出会い系サイトを使い慣れていれば、嗅覚で分かる。イククルはキャッシュバッカーが多いと思っている男性が多いので、それがチャンスだ。的確に見分けられたらおいしい思いができる。そこら辺の見分け方は、次の記事(準備中)で詳しくまとめている。ぜひ、参考にしてくれ。

料金体系が、業界最安水準なのでフトコロにやさしい。なので、イククルはメインではないものの、サブで使う出会い系マニアも多い。私もどう評価していいのか言葉に迷うが興味ある男性は登録して損はないサイトであることは間違いない。公式サイトはこちらから→イククル公式(18禁)

以下ではランキング上位には入らなかったが、最近はやりのマッチングアプリを中心に紹介していく。

やはり、マッチングアプリは、まじめで慎重な女性が多いので、出会い系サイトのようにホイホイ出会えるわけではないので、ランキングには入りにくかった。

ただ、結婚につながる真剣交際を探している男性には、マッチングアプリは必須だ。数自慢ではなく、出会いの質にこだわる男性に選ばれている。

もちろん、私のように出会い系サイトはヤリモク、マッチングアプリは彼女作りと使い分けをするのもアリだ。

ペアーズ「趣味が同じ子に出会える」

ペアーズには、最大級の会員数を誇るマッチングアプリだ。婚活アプリの代名詞とも言える存在だ。そして、ペアーズのいいところは、出会い系サイトのようなグレーな印象はないところだ。出会い系サイトだと、アダルト色の少ないハッピーメールやワクワクメールでも、「そこで彼女を探す」と言えば、色眼鏡で見られるだろうが、ペアーズなら利用していても、偏見を持たれることはない。必然的に出会いの確率が高い。

ふつうに職場にいそうな価値ある女の子と手ごろな月額で出会えるのは、ひと昔前では考えられなかった。(結婚相談所で数十万円という高額な金額を一括で払う必要があった)

一見、ペアーズはメリットだらけに思えるが、デメリットも紹介する。一つ目のデメリット。月額約4000円(3カ月プランにすると月2500円程度になる)かかる。こういった出会いのツールは使う月と使わない月の差が激しいのが一般的だ。毎月4000円の出費は痛い。だが、1回の開催で1万円近くかかるお見合いパーティーや街コンに比べたら良心的なのかもしれない。そして二つ目のデメリット。女の子はまじめで普通の女の子が多いので、男性のリアルのスペックが大きく影響する。どういうことか?見た目が良かったり、優良企業に勤めている男性の人気は高いが、そうでない男性はそれなりの出会いしか期待できない。見た目は悪なく、まじめに働いているが、なぜか職場に出会いがない男性には強い味方になるだろう。

メリットとデメリットを一覧にした。

メリット デメリット
まじめな交際や結婚につながる出会いを探せる
出会い系サイトのような偏見が少ない
アクティブな会員数が多い
コミュニティ機能を使って同じ趣味や価値観の女の子と出会える
清楚かつかわいい子が多い
20代~30代前半までの若い女の子が多い
サクラや業者がほぼ見当たらない

月額料金が一定なので、使わなくてもお金がかかる
フェイスブック連動させる必要がる(今はしなくてもOK)
即ヤリとか刹那的な関係は期待が薄い
主婦やギャルといった男性に人気の出会いが期待できない

ペアーズで出会った子は同じ趣味の女の子なので会話に困ることもない。カラオケが趣味だったら、歌っているだけでも盛り上がる。恋愛のステップを楽しむにはもってこいのマッチングアプリだ。おしゃれな居酒屋や夜景のきれいなレストランでのデートなど、男性なら一度は経験したいデートも可能だ。ただし、私のようにセックスした女性の数にこだわるタイプには向いていないだろう。

ペアーズは会員数が多い

他のマッチングアプリに比べてもペアーズは、会員数が断トツに多い。もちろん、公称の会員数よりも、アクティブな女性会員の数が大切なのは言うまでもない。が、ログイン3日以内のアクティブな女性は、ペアーズだと16万人ぐらいいるのだが、他のマッチングアプリだと、せいぜい5万人と圧倒的な差だ。

もうちょっとイメージさいやすい具体的な数字をあげると、私の好みの条件で検索をした結果、表示された数に如実に現れている。

・ペアーズ:1,103人

・with:780人

・ゼクシィ恋結び:177人

どうだろう?こうやって見てみると、ペアーズが圧倒的に選べる女性の選択肢が多いと分かるだろう。正直に私もこの差に驚いた。

よく登録者数〇〇万人とか宣伝文句があるが、それはそれで正しいのだろうが、こうやって自分で検索にかけてみると、その実力がはっきりと分かる。

ペアーズは共通の趣味の女の子と出会える

女の子とのデートに緊張する男性は多いと思う。特に初対面の女性と何を話したらいいのか分からないという男性は多い。その点、「趣味が合う」というのはオクテの男性にはありがたいはずだ。共通の話題で盛り上がると一気に二人の関係が近くなる。本来会うはずのない二人だが、いとも簡単に仲間意識を芽生えさせることができる。

・好きなミュージシャンの野外ライブに行きたい
・マリンスポーツを楽しみたい
・女の子と夜景のきれいなプレイスポットに行きたい
・ちょっとリッチにとフレンチやイタリアンデートを楽しみたい
・ちょっと遠出して伊勢志摩をドライブデートしたい
・ディズニーデートしたい

こんな欲望はペアーズなら妄想でなく実現可能になる。真剣に彼女を作りたいなら、ペアーズを攻略するのが一番だ。次の記事(準備中)を参考にしてほしい。いくらペアーズがイメージがいいからと言っても、まだまだ出会いのきっかけとして公言する人は少ない。実際に会員登録し利用した男女のネットだから聞けるリアルな声を紹介している。

with「若い女の子が多い」

ペアーズとよく比較されるwithだが、彼氏募集中です!という恋愛に積極的な女の子が多い気がする。ペアーズはちょっとおとなしめな女の子、withは元気な女の子が多いイメージだ。もちろん、セフレ作りとかには向いていないが、将来の子作りに向けて、安心できるパートナー作りを目指して欲しい。パパ活とか不純な目的での利用はほぼないので、女性に騙されやすい男性にもお勧めだ。

「with」僕の実績(直近1カ月)→6人と実際に出会えた

wihtは、決済方法にもよるが1ヶ月当たり4000円以内の手軽な料金プランだ。積極的に婚活をしたいなら、相席屋や街コンよりもリーズナブルに活動できるだろう。私の同僚で真剣に婚活を考えている30代後半の男性がいたのが、withに登録していとも簡単にデートにこぎつけた。お見合いパーティーで1回6000円も支払ってもまったくカップリングされずに、やけ酒していた過去が嘘のようだ。With女性ユーザーの半分が25歳以下で、7割が30歳以下だから、若い女性が好きな男性は間違いなく楽しめるだろう。しかも、坂道グループにいそうな清楚系美人ばっかりで、「サクラじゃないか!」と最初は思ったが、今となっては不要な心配だった。また、あの有名なメンタリストDaigoさんの心理テストを受けて、相性がいい女の子は1日10人まで無料で「いいね」できる機能などがある。「性格診断イベント」や「共通点検索」など、外見や経済力だけでなく、内面での相性を重視した条件から検索などで理想の相手を選べるのもありがたい。

余談:出会い系サイトYYCには、「カップ検索」といった女の子のバストを検索機能がある。(笑)

ちなみにwith(ウィズ)を使った男女の口コミレビューはおおむね好評だが、詳しく知りたい場合は、(準備中)で紹介している。with(ウィズ)を登録しようか迷っている男性はぜひ読んでみてほしい

タップル誕生「簡単マッチング」

はじめにタップル誕生のメリットとデメリットからお伝えしよう。

メリット
大手企業サイバーエージェントグループが運営の安心感
毎月7,200人恋人が誕生している
使いやすい
キャンペーン利用で有料プランを無料で使える
10代、20代の若い女性が多い
サクラがいない、業者もごく少数

デメリット
「24時間以内ログイン」などのアクティブユーザーを絞った検索ができない
1日20人以上の女性のプロフィールを見るためには追加料金が必要
他のマッチングアプリよりも料金が少し高い

僕のタップル誕生での実績→5人の女の子とエッチできた

僕がタップルを攻略するのに取り入れた方法は、全員に「いいかも」することだった。「いいかも」とは、ペアーズでいう「いいね」、Tinderでいう「LIKE」機能だ。自分の好みだけに「いいかも」する悠長な姿勢ではマッチングは難しい。女性は「いいかも」が気過ぎて迷ってしまうほどなので、効果が高いわけではないが、「いいかも」しなくちゃドラマは始まらない!

おすすめポイント:大量マッチングできる!&無料で始められる

タップル誕生では月に600人に「いいかも」を送ることができる。なので、女性からすると、どんなにブスでも毎日「いいかも」が50くらいはつく。可愛い女の子ならそれこそ数百の「いいかも」がつく。それじゃ意味がないと、「いいかも」を怠けるのと、愚直に「いいかも」をし続けるのかでは結果が違ってくる。作業できる男性には神アプリと言える。私は執念だけは人並み以上なので、まじめに「いいかも」を送り続けることで、タップル誕生で30人とマッチングした。20代女性だと気軽にデートできるが、30代以上の女性の本気はマジですごいものがある。女性の焦りにつけ込んでエッチ狙いでいい思いしている男性も多いようだ。しかも、キャンペーン利用で実質0円で有料プランを使えるシステムもある。
※クレジットカードやファミマTカードを作ることで無料でタップル誕生を使うことができる。

実録!僕がタップルで女の子に出会うまで!

タップル誕生でははじめに趣味嗜好によりカテゴリーを選択できる。例えば、音楽、グルメ、スポーツのような共通の趣味ごとのカテゴリーがあり、複数のカテゴリー選択することができる。共通の趣味があれば、デートでの会話にも困らない。お勧めなのは、「お酒好き」カテゴリーだ。経験上、お酒好きな女性は、セックスにも積極的だ。酔った勢いでホテルインということも可能だ。他にも、年齢や住んでいる地域、体型の好みなどを設定することもできる。「ぽっちゃり女性」というカテゴリーもある。

カテゴリーを選択することで、自分の好きな年代を選べるし、太った女性が嫌いなら回避できる。また、またエリアの設定で、ご近所さんを選べることが可能だ。
マッチングした場合は、コピペのようなメールは無視されやすいので、あなたのことをよく理解した上でメッセージをしたという特別感を演出することが大切だ。このひと手間が成功率を大きく左右するのだ。女性なら誰でもいいというのを見抜かれてはならない。

「プロフィールにワインが好きだというのを見て、素敵な趣味だなと思ってメッセージを送らせてもらいました。新宿に〇〇さんの好きそうなワインのおしいバーがあります。もし、ご興味あれば、お教えしたいです。」

こんな感じで、自分との共通点を探して、個別の内容でメッセージを送ることが大切だ。ふだんの遊び場、年代、音楽など共通の話題があれば気になるはずだ。

手当たり次第に「いいかも」しても、実際にマッチングが期待できるのは、趣味が合う女性だ。もちろん、気に入った女性がいれば、わざと趣味を合わすのも作戦のうちだ。タップル誕生は、彼女探しに最適だが詳しい情報は次の記事(準備中)を熟読してほしい。

ポイボーイ「女の子の方からお誘いがある」

ポイボーイは女性側から「いいね」を送るありそうなでなかった女性主導の新しいタイプのアプリだ。肉食女子によるイケメン争奪戦かと思いきや、意外に普通の見た目の男性も多い。しかし、完全に女性からの待ちのスタイルなので、ルックスに自信がある10代、20代の男性の登録が多い。見た目は悪くないのに、性格的に女性に積極的になれない男性にお勧めだ。

また、顔写真が勝負なので、メッセージとかプロフィールなどの文章作成に自信がない男性も使いやすい。

反対に、40代以上だったり、見た目に自信のない男性はお勧めできない。

男性は、出会いを求めるというよりも、モテ気分を味わいたくて、自己顕示欲で登録しているケースが多い。どちらにせよ、平凡な男性には近づかない方がいいアプリと言える。もちろん、若くてルックスに自信ありな男性なら楽しめるアプリのはずだ

クロスミー「近くの人と出会える」

クロスミーは、その名の通り「日常のすれ違いを恋のきっかけにできる!!」というコンセプトのもと、GPSを搭載し位置情報を利用して、近くにいる異性とマッチングできるシステムだ。クロスミーは、一般的には知名度はないが、実は、あの株式会社サイバーエージェントが運営という安心銘柄だ。「今日ひま!」機能があるので、お近く&ヒマ同士とマッチングしやすい要素が揃っている。お互いヒマだが遠い、お近くさんなのに休みが合わない、というミスマッチを解消してくれる。お近くさん相当数存在するはずの東京、名古屋、大阪、広島、福岡などの大都市に住むユーザーには出会いの可能性がグンと広がるが、実家暮らしだと、元同級生とマッチングという気恥ずかしいことになりかねないので注意が必要だ。

クロスミーを使ってみた感想

クロスミーの「すれ違い」機能により約2~3キロの範囲にいるクロスミーユーザーが表示された。これには、その相手と何回すれ違ったかが表示される。毎日のようにすれ違う人は職場や自宅などの生活圏が重複しているということだ。

すれ違いによる自宅や勤務先の住所の特定が怖いと思う女性も多いと思うが、特定の範囲では「すれ違い」しない設定もできるので安心だ。

実際に、私も8回もすれ違った女の子とマッチングしたが、同じビルの別のフロアーに勤めるOLさんだと判明した。「すれ違い」しない設定はこういったチャンスの芽をつぶすことにもなるので、慎重に決めて欲しい。

すれ違う相手との出会いというのも、運命を感じるだろう。斬新なアイデアのアプリなので、一度は試して欲しい。

mimi「顔で出会うならこれ」

見た目重視の男女に人気のアプリがmimだ。「好きな顔、みつけた」というキャッチコピーから分からるように、顔のパーツを指定して検索する機能までつくこだわりようだ。

やはり、社員が美女揃いと評判のサイバーエージェントグループの運営するアプリのためか見た目に対するこだわりがすごい。

私も利用して1週間で2人の美女とデートできた。表参道系の美女だ。「なかなかいいアプリだ!」と思った。

しかし・・・

「mimi」は2019年3月29日(金)14時59分をもちまして、サービスを終了させいていただくことになりました。

衝撃のお知らせが届いた。やはり、見た目にこだわり過ぎると利用に敬遠する人も多いのではなかろうか。自分だって、はじめて登録する出会いアプリが、ここまで見た目にこだわるものだと登録に躊躇してしまう。

イヴイヴ「審査制だから高品質」

イヴイヴは好き嫌いが分かれるアプリだ。その理由は、イブイブの2つの特徴にある。

・審査制があるので変なユーザーが排除される
・金曜の夜にチャットができる「プチ恋」機能
まず、審査制度があるアプリは珍しい。審査制というと職業や年収などの選抜と勘違いする男性も多いがそうではない。審査で判断されるのは、プロフィールや写真がおかしい人だ。いい人を選抜するのではなく、わるい人を運営会社やユーザーにより削除するという意図のようだ。必ずしもイケメンの必要はなく“良識的”であれば問題ない。メリットとしては、怪しい業者の排除につながるし、審査があるので安心して利用できるメリットがある。ただ、顔写真の登録が必須になるし、審査に24時間かかるので、嫌う人も多い。そもそもお客さんなのに審査されること自体に嫌悪する人もいるだろう。ちゃんとした男性も一定数審査落ちする人もいるようだ。

次に、金曜日の21時から24時限定で「プチ恋」というイヴイヴのオリジナル機能が使える。その時間に近くにいる人とリアルタイムでチャットできるという土日休みの男女には気軽な出会いができる。やはり、解放感のある時間帯なので、マッチング率が高い。しかも、この時間帯に遊ぶ約束を入れられたら、終電なくしてオールの可能性もグンと高くなる。ただ、この機能も土日休みでない人にはうらやましいだけで意味のない機能になるかもしれない。よって、好き嫌いの分かれるアプリと言える。

Omiai「リアルに彼女をつくれる」

学生時代の友人がOmiaiで保育士さんすごい可愛い彼女ができたと聞いて、私もさっさく試してみた。今までOmiaiはその名称からまじめでお堅い女性が多いイメージだったので利用を控えていた。しかし、実際には、手軽な出会い目的で利用している、軽いノリの女の子が多かった。まじめな恋愛にも刹那的な出会い目的にも使える。かと言って、出会い系サイトのように、ビッチ系な女性も少ないので、ヤリ目の男性にとっては、物足りないアプリかもしれないが、可愛い素人女性との出会いを望むなら断然お勧めだ。

Omiaiはなぜか綺麗めな女性しかいない

見た目にこだわったアプリmimiのサービス停止にともなって、Omiaiにルックスレベルの高い女性が登録する流れが一気に加速したと言うユーザーも多い。ルックスレベルが高いと言っても、ギャル系とか詐欺写メ女性はほぼ見られない。私も今までOmiaiで女性と何度も会ったが、写真と実物があきらかに違う女性は皆無だった。もちろん、運営会社が謳っているいる通り、サクラもいない。おそるべしアプリだ! Omiai。

Omiaiは真剣に彼女欲しい人におすすめ

Omiaiに登録している女性は、交際への真剣度が高い方が多く、軽い飲み友達とか、金曜の夜にちょっと飲みの相手を探すような女性の割合は少ない。(もちろん、一定数はいるが)なので、冷やかしやドタキャンは皆無だった。デート時間の遅刻くらいたまにあったが、「ごめんなさい。」と感じよく常識ある女性しかいなかった。自分のは場合は、デートの場所はいつも居酒屋だった。可愛い女の子が多いといっても、「おしゃれな居酒屋じゃなきゃ嫌だ。」というような高飛車な女性もいなかったので、チェーン店の居酒屋でデートを安く切り上げることができた。(アプリでたくさんの女性とデートしたい男性は、1回当たりのデート代を安く切り上げることも大切だ。)
いいことばかり書いてきたが、出会い系サイトでヤリ目な出会いばかりしてきた男性には、少々面食らうと思う。出会い系サイトならあんなに簡単にヤレたのにOmiaiだと面倒なステップが必要なことに戸惑うと思う。出会い系サイトでヤリ目の出会いに飽きた男性や、そもそも真剣な出会いしか求めていない男性にはお勧めのアプリだ。

Omiai(オミアイ)の詳しい使い方やテクニックなど詳しいことを知りたい男性、女性は、こちらを参考にしてほしい→(準備中)利用者のリアルな体験談や利用者が知るべきポイントをまとめている。真剣な出会いにどん欲な男女はぜひ参考にして欲しい。

マッチドットコム「真面目な恋活婚活」

マッチドットコムは1995年にスタートした恋愛・婚活マッチングサービス業界のパイオニア。世界25か国で展開し、日本だけでも250万人以上で、男女の比率は、55%:45%と若干男性が多いが、この比率は、他の出会いの場と比べても悪くない条件だ。まじめな交際を求める女性が多いので、出会い系サイトでヤリ目に慣れた男性には厳しいが、積極的なアプローチを通じて、まじめな交際を探すことができる。

ただ、実際のところ、30代の男性は、職場での出会いがないとマッチドットコムに登録をしたが、数十人の女性とデートしている。うまい具体に付き合うことなく、ベッドインにも成功している。はじめからギラつかず、段階を踏めば、刹那的な関係も可能だ。

マッチドットコムを賢く利用する方法については(準備中)で分かりやすく解説をしているので、ぜひ参考にしてほしい。当然にマッチコムにはサクラはいないので、無駄な時間や労力を使う必要はない。

ASOBO(アソボ)「健全な出会いが多い出会い系」

ASOBOは公式ページを見ていただければ分かるが、出会い系サイトにしては非常にアダルト色が少ない。女性のスペックは他の出会い系サイトと同程度だが、清潔感のある見た目の女の子が多いように思える。もしからしたら、ペアーズとかwithのようなまじめな婚活アプリと勘違いして登録をしている女性もいるのかもしれない。出会い系サイトのようにいかにヤリモクサイトは嫌だけど、まじめな婚活アプリのようにあまりに真剣な出会いを望むほどでもない男性にはちょうどいいのがASOBOの立ち位置と言える。

また、ASOBOでは「サークル機能」があり、自分でサークルを作ることもでき、他人のサークルを作ることもできる。趣味が一緒の女性と絡むことで、一気に仲良くなれる可能性が高まる。教えずきの男子には、サークルの長としてリーダーシップを発揮することで、女性から注目が集まりやすいだろう。

ちょっと変わった出会い系サイトのASOBOについてもっと詳しく知りたい方は、会員数650万人超えのASOBO(アソボ)の評判!サクラや業者もいるか調査してみたで「サークル機能」以外の特徴に関して解説しているので、興味があれば熟読して欲しい。アソボを攻略すればいろいろな楽しみ方ができるだろう。

aocca(アオッカ)「今すぐ会える出会系マッチングアプリ・サイト」

aoccaは、2018年3月リリースの比較的新しいアプリだ。「今すぐ出会える」がコンセプトのデーティングアプリ。メッセージするのにマッチングする必要がなく、会える女性を誘うことができる。「今から」「今日中」「明日なら」の選択肢の中から会いたいタイミングを選べるデートアプリなのだ。若い女性が多い一方、女性の質がイマイチという声も多く、それなりの女性をそれなりの手軽さで誘えるアプリと理解すれば使えるアプリと言える。また料金設定が分かりにくい部分があるので、(準備中)では料金体系などを詳しくレビューしているので参考にして欲しい。

優良出会い系と悪質サイトの見分け方はあるのか?

ネットやテレビで出会い系サイト関連の犯罪のニュースを見て、自分も巻き込まれたらどうしようと心配する方もいるだろう。興味はあるものの、怖くなって出会い系サイトの登録を躊躇している人も多い。

しかし、知って欲しいのは、事件やトラブルに巻き込まれるのは、出会い系サイトだけはないということだ。路上やクラブで恐喝されることもあれば、女性なら電車に乗れば痴漢にあうこともある。よくよく考えると珍しいからニュースになるのである。最悪の事態を恐れていては、人生外出も出来ず楽しむことができない。そして、トラブルの回避は、優良サイトを選ぶことでだいぶ達成できる。その優良サイトの見分け方のポイントを説明しよう。

まず、「運営会社」の確認が最重要事項です。こちら↓は優良出会い系サイトの代表である「ハッピーメール」の運営会社です。

優良サイトの見分け方として、1番分かりやすいのは、「インターネット異性紹介事業」の届け出を行っているかの確認が最も確実だ。法律で、インターネット異性紹介事業者に対して、公安委員会への届出が義務付けられている。つまり、届け出をしていないということは、闇業者であり法律違反ということなのだ。そんな会社では、当然にそもそも会えることありえない。

ネットで調べれば、運営会社の詳細な情報は誰でも分かる。また、運営会社は通常は株式会社になっているのがほとんどだ。運営元が個人名になっているのは注意が必要と思って欲しい。(ただし、代表取締役は当然に個人名になる)新たな出会い系を利用する前に必ず調べるクセをつけておこう。

運営者の情報は、通常は「特定商取引法に基づく表示」などに記載がある。

調べようとしても運営会社の情報が全く出てこない場合や、運営元が個人名になっている場合はほぼ間違いなく悪質サイトなのだ。

また、きちんと運営されている出会い系サイトでは、必ず「年齢確認」があることも知っておこう。年齢確認は、18歳未満の未成年者を犯罪やトラブルから守るために、「インターネット異性紹介事業」の許可に必須条件となっている。利用者が18歳以上であることは、免許証やクレジットカード等で証明する必要がある。

年齢確認を行わない業者は、間違いなく違法な悪徳業者だ。悪徳業者だろうが、セックスできれば問題ないと思う男性もいるかもしれないが、そんな悪徳業者が、女性を集めるために広告などの企業努力をするはずがない。間違いなく女性と会えないので気を付けて欲しい。

優良な出会い系の利用料金の相場を知っておこう

出会い系サイトやアプリの平均的な利用料金の相場を知っておくべきだ。そうでないと、詐欺サイトにボッタクられても気づかずにそのまま支払ってしまうからだ。

女性は、基本無料なので、ここでは言及しない。男性の諸君だけ気にして欲しい。

そもそも相場があるのは、定額制のものだが、出会い系サイトで2000円~3000円、婚活アプリで4000円前後が一般的だ。

やはり、婚活アプリの方が、多様な女性を集める必要があるので、相場が高めである。

また、ポイント制の出会い系サイトは、月いくら使うは個人によって大きく違うので、相場のようなものはない。ただし、次のような料金設定の相場はある。

  • プロフィール閲覧 10円前後
  • メール送信 1通50円前後

こういった料金設定なので、月に3人の女性とデートするのに、出費が2000円くらいの男性もいれば、10000円も使う男性もいる。月に使える上限金額をあらかじめ決めておくのが賢明だ。

そういった料金の設定の相場を知れば、メール送信1通500円するような出会い系サイトは、思わせぶりなサクラが言葉巧みにメールのやり取りを引き延ばし、何万円、何十万円も搾取しようとしていると考えていい。

あなたが定額制(月会費)を選ぶにしろ、ポイント制を選ぶにしろ、月5000円が一つの目安になるだろう。それを大幅に超えるようで、選んでいるサイトに問題があるか、自分の使い方に問題があると言える。

さて、出会い系サイトの「定額制」と「ポイント制」のどちらの料金体系が好ましいのか?

迷う男性も多いだろう。

それぞれのメリットとデメリットを次に解説する。

利用状況に関わらず月額一定料金の定額制

毎月決まった金額を支払うのが「定額制」だ。どんなに使っても料金が変わらないので安心なのが、メリットだ。携帯の料金プランだって定額制が好まれる。

やはり、欲望が絡む出会い系サイトなので、いつの間にか使いすぎていて、青ざめるという心配がある。出会い系サイトの初心者が定額制に魅力を感じるのも無理はない。

しかし、出会い系サイトに限っては、定額制のデメリットは多い。その証拠に最大手のハッピーメール、ワクワクメール、PCMAXどのサイトも定額制ではない。

確かに、定額制だと100人にメールを送っても金額は変わらなので、おいしいと思うかもしれない。しかし、そうなると多くの男性が女性に何百通もメッセージを送るようになる。女性の立場になって考えると、「ウザい」の一言だろう。中には、いくらメッセージを送っても料金が変わらないことをいいことに、面白半分で女性を誹謗中傷したり、からかったりする輩もあらわれてくる。

その結果はどうなるだろうか?

せっかく登録した女性が退会するようになる。その点、ポイント制だと、本当にその女性に興味がある男性がだけが、内容を吟味してメッセージを送るようになるので、健全な出会いの場になりやすいのだ。

また、定額制のもう一つのデメリットとして、仕事やプライベートが忙しくなったら、ほとんど利用していないのに、毎月数千円支払う必要がある。それも困りものだろう。

使う分だけ課金するポイント購入課金制

出会い系の「ポイント制」は、メール送信やプロフィール検索など利用に応じてポイントを消費していくシステムだ。

ポイント制のデメリットとして、「使い過ぎて青ざめる」ということをあげたのだが、そもそもポイントは前金制なので、大昔のダイヤルQ2のように「いつの間にかこの金額に!」ということはあり得ない。

そして、少ない課金でどれほどの女の子と遊べるのかということにこだわるのも面白いだろう。

また、利用に応じて課金が必要と言っても、たいていの出会い系サイトは、新規登録時に無料でお試しポイントがもらえるし、継続利用でもログインボーナスや友人紹介など無料でポイントで獲得する方法がたくさんある。

使っていくうちに、どんどん賢く利用できるようになる。

【番外編】かわいい女性会員が多かった出会系アプリランキング

  • ワクワクメール
  • ミントC!Jメール
  • PCMAX(ピーシーマックス)

今回、マッチングアプリヘビーユーザーの友人に3人に協力してもらい、女の子のプロフィールを分析してみた。我ながらかなり信ぴょう性が高い結果だと思うので、ぜひ参考にして欲しい。

「自立した」女性と出会えるワクワクメール

ワクワクメールは、偏差値高めの女子大生やしっかり仕事をしていてる自立した女性の登録が多い。そのため年収もそれなりの女性も多く、美容やファッションに気を使っている美意識の高い女性が目立つ。

なぜだが考えてみたのでが、ワクワクメールの広告媒体として、ギャル系雑誌ではなく、一般女性が愛読するような雑誌が多い。そのため、他の出会い系サイトよりハイスペックな層の登録が多いと思われる。

そして、ワクワクメールの広告の打ち出し方もアダルト色を抑え気味なので、まじめ女性も目立つ。そういった女性が苦手なら、のちほど紹介するミントC!JメールやPCMAXをお勧めする。

とは言え、やはり出会い系サイトなので、交際相手や結婚相手を見つけたいという過剰な期待は禁物だ。

20代の若い女の子が多いミントC!Jメール

ミントC!Jメールユーザーは、18歳や19歳、そして20代前半の若い女子の多さに圧倒されるだろう。ワクワクメールと比べると、一般的な認知度は劣るが、出会い系サイトを愛好する男性で知らない者はない人気のサイトなのだ。

やはり、女性は若ければ若いほどいいという男性は多いだろう。そんな男性なら間違いなく満足できるサイトだ。

しかも、20代前半の若い女性は、怖いもの知らずで、ホテルの誘いにもホイホイついてくる。美しい若い女性の肌を堪能したい男性には、必須のサイトであろう。

「出会い系サイトに穴場はない。王道サイトで勝つ!」が信念の私だが、唯一、穴場と思っている使っている優良サイトがミントC!Jメールだ。

ワクワクメールなどをメインに使って、ミントC!Jメールをサブに使う。そんな利用法もあるだろう。

PCMAXは見た目で選べるから最高

PCMAXのいいところは、高機能なプロフィール検索にある。地域、年齢、写真の有無はもちろん、利用目的選択から「恋人探し、結婚相手、不倫・浮気、SMパートーナー、コスプレ、写真・ビデオ撮影」など細かなニーズに合った出会いを探すことができる。例えば、女子高生好きな男性は、コスプレを選択し女の子の高校時代の制服を持参してもらうこと頼むのもいい。(もちろん、本物JKはNGだ)

また、喫煙の有無やヒマな時間帯、エッチ度、職業、血液型などでも検索可能だ。たくさんの登録女性をいちいちチェックをしていたら大変だ。プロフィール検索機能を使って、自分のニーズや好みに合う女性を自分好みの条件指定をして、タイプの女性を効率よく探してみよう。

ただ、PCMAXは、詳しくはプロフィールをきちんと開いて見たくなってしまう。課金が気になって、何十人もまとめて見るのは躊躇するところだ。

例えば、ワクワクメールで知り合った女の子にPCMAXを登録してもらって、紹介ポイントも貰うという裏ワザもある。ふつうの知り合いの女の子に頼んでも躊躇するだろうが、出会い系サイトで出会った女の子なら、嫌な顔せずPCMAXに登録してくれるはずだ。

【番外編】コスパ最強の出会系ランキング

  • ハッピーメール(お試しポイント1200円)
  • ワクワクメール(お試しポイント1000円)
  • ミントC!Jメール(お試しポイント1000円)

ハッピーメールは登録時のボーナスポイントを上手に使うべし

もちろん、たいていの優良出会い系サイトは、新規登録でお試しの無料ポイントをもらえるが、ハッピーメールでは1200円分のポイントが付与されるのでちょっとお得だ。この無料ポイントだけで女の子と会える初心者も多い。

私も出会い系サイト未経験だったとき、はじめて登録したサイトで無料ポイントだけで、2人の女の子とデートまでこぎつけることができた。

なかなか侮れないメリットだ。

ワクワクメールとJメールも0円で使える裏ワザあり

ワクワクメールとJメールも、新規登録後に年齢確認を済ませれば、お試しポイントを1000円分もらえる。こちらもアクティブ会員が多い出会い系サイトなので、かなりの確率で無料ポイントだけで女の子と出会えることが可能だ。

つまり、ハッピーメールとワクワクメール、Jメールの3つに新規登録すれば、使い方にもよるが、1ヶ月は無料で遊べるだろう。何しろ、異性へのメール送信が1通50円なので、1,000円分の無料ポイントがあれば、20回メッセージ送信が可能だ。

そして、3つの出会い系サイトの無料ポイントを使い切ったら、もっとも自分と相性の合う出会い系サイトをメインに使えばいいだろう。私も初心者の頃はそのような使い方をして、今のような女性に困らない状態になった。

下位アプリの評価とレビュー

出会い系サイトはポイント制のものがクオリティーが高い一方で、マッチングアプリは、月額制のものがお勧めだ。

完全詐欺までいかなくても、イマイチな出会い系サイトやアプリもある。私にとって下位評価のサイトやアプリの特長は次のようなものだ。

  • キャッシュバッカーやサクラがほとんどを占める
  • 悪徳業者や援助交際目的ばかり
  • 冷やかしの女性(男性のなりすまし?)が目立つ

酷いところだと、女性からのメッセージの9割以上が、「ホテル別でイチゴでどうですか?」といった、コピペメールを送ってくる。もちろん、送ってくるのは、悪徳業者の打ち子だ。

もっともそういった出会いを求めているのなら、どんな出会い系サイトやアプリを使ってもある程度は会えるのかもしれない。しかし、自分は援助交際や風俗では楽しめないので、一般に評価の低い出会い系サイトは使わないようにしている。

本当に詐欺サイトと違って、完全に会えない訳ではないが、自分にとってはちょっと残念だったアプリを2つ紹介する。

メルパラ

アプリが急に落ちることもあり、動作が不安定だった。援助交際やキャッシュバッカーも多く、サクラっぽい女性が目立つ。まあ、分かりやすいという意味ではいいのだが・・・

Tinder(ティンダー)

2012年にアメリカ誕生としたという異色のアプリだ。無料だし、made in USAということで期待したものの、1週間毎日「LIKE」を押し続けたにもかかわらず、1件もマッチングしなかった。ふつうのスペックの男性には厳しいのかもしれない。

もしかしたら、「Tinder Plus」「Tinder Gold」といった有料プランだったら出会えたのかもしれないが、どうせお金を使うなら、他の出会い系サイトに課金した方が効率が良さそうと感じさせるものだった。

これは絶対アウト!!要注意クソ出会い系アプリ

「完全無料」という言葉に弱い諸君も多いだろうが、出会い系に関しては、全部アウトだ!逆に、メール送信だけで1回100円以上も使わせるような業者は悪徳と考えていい。腕のいいサクラの餌食になるのは間違いないだろう。出会い系サイトのサクラの手口と見分け方|サクラや業者がいない出会い系アプリとはでも紹介しているが、次のような危険性を認識して欲しい。

完全無料の出会い系がダメな理由

  • 悪徳サイトに誘導されたり、勝手に代理登録される
  • サクラや業者しかいない
  • 広告だらけでイライラする

無料の出会い系サイトも悪くないと思っている男性の中には、ガラケー時代の伝説の出会い系サイトのスタービーチを思い浮かべての人もいるだろう。しかし、スタービーチのサービス終了からも分かるように、今の時代に完全無料で運営をするのは無理がある。第二のスタービーチはもうありえない。月額4000円程度の金額を出すことで、安心して出会えるサイトやアプリを探すのが堅実だ。男性と違って、女性側はほぼ全てのサイトやアプリが無料で使える。わざわざ無料アプリのような質の低い男性の集まるサイトに集まるとは思えない。男性が出会える確率は、運営会社の広告への出稿量によって決まると言って過言ではない。無料の出会い系は、マヌケな男性を集めるためにお金は使っても、課金をしない女性を集めるためにお金を使うはずがない。

出会いのための投資は基本月額4000円と覚えておこう

出会い系アプリ・サイトの利用料金は月額3,000円~4,000円がおおよその相場である。ポイント制のアプリ・サイトは、利用者によって大きく使う金額が異なるが、ふつうに使えば、月3,000~4,000円で数人の女性と出会えるのが普通だ。4,000円以上も使って一人も会えないサイトは見切りをつけた方がいい。ただし、ワクワクメール、ハッピーメール、PCMAXなどの優良サイトのどれも出会えないのなら、あなたのやり方に問題がある可能性が高い。

無料で使いたい気持ちは分かるのだが、月3,000円~4,000円という出費は、他の出会いの手段と比較してみると、出会える人数に対して、いかに割安なものが次の数字と見比べて欲しい。

  • 出会い系サイト・アプリ:月額4,000円前後(出会える人0人~10人)
  • 合コン・相席屋:1回5,000円前後(出会える人0~4人)
  • 街コン:1回7,000円前後(出会える人0~10人)
  • 婚活パーティー:1回5,000円前後(出会える人0~3人)

この数字だけを見ると、街コンは出会い系サイト・アプリと同程度会えると思われるかもしれないが、ちょっと話をした程度の女性も含まれるし、そもそも1対1のコミュニケーションではない。連絡先の交換までできるのは、せいぜい3~4人だろう。コスト面だけを考えても出会い系サイト・アプリの優位が理解してもらえると思う。

しかも定額制の場合、課金を気にせず活動ができるので、それこそ頑張れば月に10人以上と出会うことも十分可能だ。ポイント制の出会い系サイトだと、月3,000円~4,000円なら3,4人くらいは出会えるはずだ。個人的には使いたい時だけ使えるポイント制の出会い系サイトが、忙しい社会人にはお勧めだ。具体的には次のようなサイトだ。

  • ワクワクメール
  • Jメール
  • ハッピーメール
  • PCMAX
  • YYC

ポイント制の出会い系サイトで結果を出している男性は、必ずこの5つのどれかに登録しているのでチェックして欲しい。

出会い系とマッチング系どっちがいい?

「出会い系」と「マッチングアプリ系」のどちらを選ぶか迷う男性も多いはずだ。

若い年代ならともかく、中高年の男性にはマッチングアプリのイメージが湧かないかもしれない。マッチングアプリの特徴は、次の通りだ。

  • 男女が互いに両想いにならなければメッセージのやり取りが始まらない
  • 一切使わなくても利用料金は月額一定制
  • サクラや業者は入り込めない構造
  • 掲示板などの機能はない

これらの特徴から分かるように、恋人探しに適している。実際に集まる女性も、真剣に恋人選びをしているケースが多い。

なので、出会い系とマッチング系のどちらを選ぶかの判断基準は、明確だ。

  • 多くの女性とセックスしたい→出会い系サイト
  • 堅実に交際できる彼女が欲しい→マッチングアプリ

この基準で判断すべきだ。

会ってすぐにセックスしたい。一回セックスしたらすぐバイバイしたい。そんな男性は、出会い系サイトを選ぶのが間違いない。そんなノリの軽い女の子が多く登録している。その一方で援助交際目当ての女性や業者などの地雷も多いが、そんな危険を避けながら、セックスというゴールを求めるのが、出会い系サイトの醍醐味と言えるだろう。

もちろん、遊びなれた男性なら、出会い系サイトにいるビッチよりも、マッチングアプリにいる真面目な女の子をやり逃げしまくりたいという猛者もいるだろう。

ただ、不倫・浮気やアブノーマルなセックスといった出会いは、出会い系サイトの独壇場になるはずだ。

上級者は目的別に複数の出会系サイト・アプリを使い分ける

出会い系サイトとマッチングアプリの違いは前述の通りだ。ピュアなデートがしたい。交際相手を見つけたい。結婚につながる出会いが欲しい。そんな男女は、婚活アプリを選ぶべきだろう。いわゆるヤリモクなら、次の出会い系サイトをお勧めしたい。

  • ワクワクメール
  • ミントC!Jメール
  • PCMAX(ピーシーマックス)

上品に言えばワンナイトラブ、下品に言えばヤリ捨てできるサイトだ。そもそも、女の子もヤリモクだったりするので、話が早いのだ。ふつうは、カフェや居酒屋に行ってからホテルというのが流れだが、上記3つのサイトなら会って、即ホテルということも可能だ。なので私も重宝している。

同じアプリでもタップルやクロスミーのようなアプリだと、飲みに行ってから、それで意気投合してそのままラブホという流れになるだろう。そういったワンクッションが面倒ならPCMAXなどで即系の出会いを探そう。ただし、そういった出会い系は一定数、援デリ業者などもいるので、女の子をハメるつもりが、自分がハメられたとならないように注意をして欲しい。

エッチよりデートが楽しいという男性もいるだろう。飲み友達がほしい、美術館デートしたい。ドライブデートしたい。カラオケ行きたい。

そんな男性には次がお勧めだ。

  • ハッピーメール
  • with(ウィズ)
  • タップル誕生

この3つでデート相手を探して欲しい。

安心して真面目に交際できる女性を探している、結婚につながる恋愛をしたいなら、

  • マッチドットコム
  • Omiai(オミアイ)
  • ペアーズ(pairs)
  • ユーブライド
  • ブライダルネット

これらは運営会社が、「恋愛」に特化したマーケティングをしており、アダルト色は一切ないので、まじめな女性がほとんどだ。実際に交際はもちろん、結婚に至ったカップルも数多くいるだろう。

本当に出会える出会い系アプリとは

どのアプリが最適かを診断していこう。結婚とかを意識せずデートメインでライトなお付き合いが目的の場合は、25歳くらいまでの女性が多いアプリを使うことをおすすめする。女性は20代後半になると、強烈に結婚を意識する。そのため男性とデートするのも慎重になるので、マッチング率が下がりがちだ。もちろん、あなたが結婚目当てなら、26歳以上の女性を狙っていこう。

自分へのニーズが高いアプリを選ぶ

アプリやサイトを選ぶ際には、どんな異性がいるのかを当然に注目しているだろう。しかし、出会い系というのは、どんな異性がいようが自分が選ばれなければ意味がない。つまり、確実に自分のニーズがあり、自分が勝てる(優位に立てる)サイトやアプリを選ぶのが大切だ。例えば、まじめそうなサラリーマンなのに、ギャル男が多いサイトで勝てるはずがない。まずは自分を正しく知ることが、出会い系を制する秘訣だ。また、特に年代というのは、個人の属性として、出会いの成否に大きな影響を与える。

ここでは、年代別にお勧めのサイトやアプリを紹介しよう。ただし、男性の場合は、年代の不利を経済力でカバーできることもあるので、中高年だからと諦める必要はない。また、若くない女性でも、人妻願望のある20代男性も多いので、あくまで判断に一つに過ぎないことは理解して欲しい。

20代前半におすすめしたいワクワクメール、ミントC!Jメール

どちらもユーザーの半数が20代である。特に女性の場合は、20代後半だと厳しいらしい。もちろん、女性でも、20代後半だろうと30代女性だろうと、相手の男性にとって交際などの負担ないセックスを求めているのならニーズは高いだろう。あなたが男性なら、20代前半の若い女の子が好きだがPCMAXほど“ゆるい”女性を求めない人にはお勧めだ。若い女性が好きな男性はこの2つの出会系サイト・アプリにたいて登録している。

20代後半におすすめしたいのはPCMAX(ピーシーマックス)

20代後半の男性には、PCMAXをお勧めしたい。PCMAXは、ギャル系とかの遊び人の若い女性が多いのだが、なぜか年上男性を求めている。男性も20代後半になると結婚を意識される年代なので、恋活マッチングアプリだと見た目や年収などのアドバンテージがないと厳しい戦いになる。PCMAXに登録している女性で、男性に年収を気にしている女性は皆無と言っていい。あなたが女性なら、あなたの年代に関係なく男性に会えるはずだ。

30代におすすめなのはPCMAXとハッピーメール

30代は若くもないし、かと言って老け込む年代でもない。悪く考えると、中途半端な年代なのだが、良く考えると、若さをアピールすることもオトナを演じることもできる。私がお勧めするのは、PCMAXかハッピーメールに登録して、オトナを演じて、若い女性を喰うことだ。経済力がなかろうと、あるふりをして近づいて、サクッと1発ヤレる可能性が高いサイトだ。30歳過ぎたら高級なお店につれて行くなんてことは、出会い系サイトに登録している女性は期待していない。気楽に楽しめる大衆居酒屋でワイワイ楽しむのがいい。

40代以上におすすめなのはハッピーメール、ワクワクメール、PCMAX、Jメール

40代以上になるとガラケー時代からある老舗の出会い系が使いやすいと思う。若ぶってマッチングアプリに登録をしてもニーズは少ないはずだ。40代の男性が出会い系を使う場合は、同年代の人妻をセフレにするのか、20代の女の子とのオトナの関係になるかの2つに分かれる。個人的には40代の男性は、ハッピーメールが最もニーズがあると思うので、お勧めしたい。

あと、面白い使い方として、マッチングアプリで真剣な出会いを探しながら、出会い系サイト・アプリでヤリモク探しとうまく使い分けている40代男性が多いようだ。

確実にマッチングするために出会い系で押さえておくべき3つのポイント

出会い系サイトでは、「出会える男性」と「出会えない男性」の二極化が進んでいる。実際に、口コミサイトには「全く出会えなかった!」「返信がまったく来ない!」「援交女ばかり!」といった悲痛な叫びにあふれている。

もちろん、男性のルックスや経済力といったスペックの違いで「モテる男性」と「モテない男性」に分かれるのは当然と思われるかもしれない。しかし、出会い系サイトではそこまで男性のスペックは影響しないと言われている。

なぜ、ここまで「簡単に出会える人」と「何度やっても出会えない人」の差が出てくるのだろうか?

自分は、いろいろな男性に出会い系サイトの使い方を指導してきたが、その違いは男性のスペックではなく、その使い方にあると気付いた。

  • 出会い系サイト特有の使い方を理解していない
  • 焦りから女性に敬遠される
  • 手間を惜しんで無駄な時間を使う

出会い系サイトは、ネットという手軽な出会いがメリットなのだが、その特有の使い方を理解しないと、なかなか出会えない。

例えば、課金が気になるのか、早く会いたいと焦って女性に気持ち悪く思われて逃げられてしまったり、プロフィールを手抜きして女性から返信をもらえない男性など失敗のパターンは決まっている。

出会うために何か特別なことをするのではなく、当たり前のことをちゃんとやれば、必ず出会えるはずだ。

ネットでの出会いに慣れている男性は少ないので、当たり前のきちんとやることで、差別化につながり、女性から好感を持たれるようになる。結果として、出会いのチャンスが激増するだろう。

出会い系を初めて諸君に「押さえるべき3つのポイント」を紹介する。

ポイント1.プロフィール項目

プロフィールの重要性を理解している男性は、意外と少ない。
派手に自己PRをすることを良しとしない男性も多いだろう。しかし、ネットでの出会いは、プロフィールで判断するしかない。プロフィールをほぼ空欄にすることは、女性とのコミュニケーションを拒んでいるとしか思えない愚行なのだ。

プロフィール作りに時間をかけるより、いろいろな女性にメッセージを送った方が出会えると勘違いしている男性も多いが、たくさんメッセージを送ったところ、ザルに水を注ぐようなものだ。プロフィールの作成が下手で女性とたくさん出会えている男性を私は知らない。

出会い系のプロフィールは、名前や年齢といった必須項目だけ埋めれば良いんじゃないの?と思っているとしたら大間違い!

女性はメッセージの内容はもちろん、プロフィールの内容で会おうか判断しているのだ。

ニックネームと年齢以外は空欄だらけの謎な男性と会うのは、女性だって怖いだろう。そもそもあなたに興味の持ちようがない。

仮にプロフィールが空欄でもあなたに興味を持つとしたら、援助交際目的の女性だけだろう。

プロフィール作りは、出会い系サイトでの成功の最重要項目と認識して欲しい。

2.プロフィール写真

苦手意識が強い男性も多いが、「プロフィール写真」も大切だ。

私もそうだが容姿に自信を持てない男性も多いだろう。だからといって、プロフィール写真
から逃げるわけにはいかない。

万人に好かれなくて、すべての人の嫌悪感を与えないような工夫をして欲しい。

もちろん、笑顔で清潔感のある写真を選ぼう。

「好感度の高い写真」とまで言わなくても、「好感度の低くない写真」を心がけよう。
どうしても写真が嫌な男性は、右半分のみの横顔でも、アプリで加工してぼかしを入れてやむを得ない。何も写真がないよりはマシだ。でなければ警戒されてしまいます。

逆に、自分のルックスに自信があるのか、ポーズを決めすぎたナルシストのような男性も嫌われるので注意が必要だ。

自分がよく見えるように最低限気をつけつつ、やり過ぎないように自然な写真を選んでみよう。

3.ファーストメッセージ

出会い系サイトでは相手を判断する要素は、文面しかない。まったく知らない女性にどんなメッセージを送るかというのは、非常に大切だ。しかし、初対面の人へのメッセージの送信というのは、思いのほか難しい。

メッセージの第一印象が悪いと、もう二度目のチャンスはない。その後にどんなにいい文面のメッセージを送っても、スルーされ続けてしまう。

だから、ファーストメッセージは、気合を入れて作成しなければならないのだが、気合を入れすぎて長文メールを送ってしまうのはやりがちな失敗だ。

よく知った仲なら、長文のメールも熱意と好意的に捉えてもらえる。しかし、見ず知らずの男性から、そんな“情熱的”なメールを受け取ったら気持ち悪いと思うだろう。

また、いきなり「これから会えませんか」などと単刀直入なメッセージを送ってしまったら即刻ブロックされてしまう。焦りは禁物だ。同様に「デートしよう!」「LINE交換して!」「大人の関係を希望します」といったメッセージをいきなり送るのは感心しない。(たまにそれでもOKな女の子もいるが、少数派だ)

焦らずにじっくりと関係性を築くのがコツだ。また、堅すぎても、馴れ馴れしすぎてもいけない。

ファーストメッセージは、まず「挨拶をする」ということを心がけよう。

無難に「〇〇さん、はじめまして、△△です。よろしくお願いします」といった感じで、礼儀正しくスタートさせるべきだ。女性は多くの男性からメッセージが来るので、無難だと読まれないのではと心配する男性も多い。だが、それは間違いだ。

むしろ、男性の不躾なメッセージにうんざりしているのだ。礼儀正しい、爽やかなメッセージを送るだけで、他のライバルに差をつけることができる。

さらに、相手の女性から返信がきたからといってまだ成功ではない。その後何度かメッセージのやり取りをして、LINEなどの連絡先を交換する必要がある。メッセージのやり取りが続かないと付き合うどころか出会うことすらできない。メッセージを続けるには、長すぎず、短すぎず適度な分量で相手の興味づけをする必要がある。ちなみに出会い系のメールで上手く相手の興味を引く方法は当サイトで詳しく紹介している。返事がもらえるコツ・テクニックが知りたい男性はぜひ参考にしてほしい。

出会い系サイト・アプリの注意点

出会い系サイト・アプリ選びに悩んできた諸君も、ここまで読んでくれればどんなサイトを登録さるべきか分かっていただけたと思う。もしかしたら、もう登録しているフットワークの軽い男性もいるかもしれない。もちろん、私がお勧めしたサイトやアプリは、すべて間違いないと自信をお勧めできるのだが、出会い系ユーザーは善良な人間ばかりではないことは頭の片隅い入れておいて欲しい。

出会い系サイトを利用した犯罪行為は、運営会社の取り組みにより、年々減少傾向にあるものの、犯罪に巻き込まれるニュースはまだ見聞きします。
ただ、被害の多くは、きちんと用心さえすれば、未然に防げるものばかりなので、注意点を述べる。

まずは、出会い系サイトではどんなトラブルがありうるのか?

典型的な事例をいくつか紹介する。

①サクラ

出会い系のサクラとは、運営会社側に雇われた女性だ。健全な出会い系サイトの運営会社は、広告宣伝をして女性を集客するが、広告にお金を使える会社はごく一部だ。

数百とも言われる出会い系サイト全てに女性が集まるほど、集客は甘くない。よって、ごく一部の優良サイトを除いて、サクラの女性を雇って、女性の登録が多いように見せかける。

老若男女のメール打ちのバイトが、上手に女性になりすまして、男性会員の下心につけ込んで会えるかのように思わせぶりにふるまって、ポイントを浪費させる。さっきまでノリノリでやり取りをしていたのに、待ち合わせの段階になると、はぐらかしたり、ドタキャンしたりする。

②美人局

美人局(つつもたせ)とは、古典的な詐欺の手法で、女性が男性を巧みに誘い肉体関係を結び、もしくは結ぼうとしたところで、共犯の別の男性が金銭を脅しとることを言う。

美人局の被害は、最近はあまり聞きません。どちらかと言うと、キャバクラのぼったくり被害の方が深刻だ。しかし、ゼロではないので用心しておいた方がいいだろう。

特に繁華街では防犯カメラでの監視もあるので、万一、不当な金銭を要求されても、警察に被害届を出し脅しには屈しないようにしよう。

③人妻

若い女性と比べて30代や40代の人妻は、口説きやすいのでヤリまくっている男性も多いだろう。

しかし、旦那バレした時に、訴えられるリスクがあるので注意が必要だ。不貞行為の慰謝料で200~300万円も請求される可能性もある。犯罪ではないので、逮捕や報道される危険性はないものの、嫉妬に狂った旦那とのトラブルになれば面倒だ。

人妻と遊ぶときは、心を許しても、特定できる個人情報をあまり話さないなどの対策が必要だろう。

④法律について

出会い系サイトを使う前には、「出会い系サイト規制法」などの関連する法律を知っておくくべきだ。

また、出会い系サイト特有ではないが、未成年者との性行為は、児童福祉法や青少年健全育成条例で罰せられる可能性がある。仮に同意があって、金銭の受け渡しがなくても、逮捕されるという事例は多くある。こういった法律は、知らなかったでは済まされないので、きちんと理解することが必要だ。
出会い系の使用に躊躇してしまう方へ

これまで、代表的なトラブルを書いてきたが、「やはり出会い系は怖い」と思われるかもしれない。しかし、きちんとリスクを認識して、正しく利用すれば、出会い系サイトは大きな助けになるはずだ。要は使い方次第なのだ。

大手の優良サイトなら、健全化に真剣に取り組み、サイト内パトロールなどセキュリティー対策を十分に取っている。また、未成年との性行為に関しても、18歳以上の年齢認証などを通じて、トラブルを回避する施策は取られている。

逆に言うと、未登録の詐欺業者の出会い系サイトに登録してしまうと、どんなトラブルに巻き込まれるか分からないので、まずは「正しい出会い系選び」の方法を知って欲しい。その方法については、十分述べてきたので、時間があったら、再度、記事を読み返してくれればと思う。

出会い系サイトは、何も特別な世界ではなり。社会のルールや常識が適用される場なのだ。楽しいからとハメを外さず、良識の従って判断をすればトラブルに巻き込まれる可能性はゼロに近くなるはずだ。実際に、私もトラブルらしきことは皆無だった。

諸君の健闘を祈っている。

まとめ 男性が出会い系アプリで出会うための鉄の三か条…

出会い系で出会うために必要な知識を述べてきたが、かなりの分量になるので、消化不良を起こしてしまわないか心配だ。

大切なことを説明してきたので、時間が許す限り繰り返し読んで欲しい。

もっとも重要なポイントに絞ると、次の3つになる。

  • 有料の出会系を使うこと→無料は魅力だが詐欺の巣窟だ
  • 自分からアクションを起こすこと→待ちの姿勢ではいけない
  • メッセージは焦らず丁寧に送ること→課金を気にするあまり、雑にならないようにしょう

この記事をきっかけに、多くの男性がステキな出会いを手に入れて、満足のいくセックスが楽しめるようになって欲しい。

シェアをお願いします。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。